「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別企業紹介一覧

名古屋コーチンのトップメーカー

<株式会社さんわコーポレーション>

鶏肉生産大手のさんわコーポレーションは、スーパーの鶏肉売り場だけでなく百貨店やギフト市場、さらには親子丼のイートインなど業態の多角化を進めて業績を伸ばしている。 鶏肉の単品経営ながらいかに付加価値提案をしてきたのか。 そのマーケティング戦略を紹介する。

詳細を見る
全国最大規模の会計士、税理士、社会保険労務士などを有するコンサルタント会社「TOMAコンサルタンツグループ」

<TOMAコンサルタンツグループ>

東京駅八重洲口駅前に本拠をかまえ、100年企業育成をめざしているのが「TOMAコンサルタンツグループ」である。 「明るく、元気、前向きに」と訴え、顧客にワンストップショッピングの利便性を提案。 すなわち税務、人事、などあらゆる企業経営のアドバイスをここだけで応じることができる体制を整えている。

詳細を見る
家具不況をものともせず、元気印企業「関家具」

<関家具>

福岡県大川市は家具生産で知られるが 構造不況で元気がない。 そんな中にあって、一人気を吐くのが「関家具」だ。 柔軟発想で、生産を国内外に委託し自らはデザイン提案企業として生き残る。

詳細を見る
木工団地のコーディネーター、仕事を創る問屋になれ!

<株式会社熊井産業>

福岡県大川市は家具の産地として知られてきたが、最近は不況色が強い。そうした中にあって、地元の木工会社およそ200社に材料を供給する問屋、熊井産業では、単なる材料を注文に応じて供給するのではなく、強い営業力を武器に店舗改装や福祉施設建設といった仕事をまず取ってきてそこに必要な什器などを木工会社に発注する姿勢で臨んでいる。不況を嘆くのではなく、自らの手で仕事を獲得する前向き経営で活路を招く。

詳細を見る
300年の伝統をモダン商品として提案する建築壁紙から照明、ランチョンマットまで和紙の魅力を発信。

<名尾和紙>

原料まで自給する紙すき職人はいまやきわめて限られる。伝統文化材・名尾和紙の継承者は若いセンスで次々と新たな和紙の可能性を切り開くベンチャーでもある。

詳細を見る