「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別紹介

タキイ種苗


トマトイメージ映像

<タキイ種苗>

「タキイ種苗」の「桃太郎」の開発のきっかけは1960年代後半、高度経済成長期の真っただ中、日本の景観は急速に変化し、都市に隣接していた農村は次第に宅地へと姿を変え産地は遠のいていった。


当時のトマトはまだ果実が青い段階で収穫されていた。
完全に熟したものを出荷してしまうと、輸送途中や店頭に並んでいる間に傷んでしまうからだ。

しかし輸送の途中で赤く色づく方法では、店頭で赤い色をしていても、味や香りもないトマトができてしまう。
消費者の間で「トマトがまずくなった」と噂され、新聞や雑誌でも取り上げられた。

赤色のトマトは加工用というイメージがあり、消費者に避けられていた。
タキイ種苗ではもぎたての甘さ、輸送に耐えうる硬さ、そして色がピンクであることを目標に開発を始めた。

まず50種類ほどの品種を選び出し、さまざまな組合せを掛け合わせた。 何千、何万とある品種の中から選び出し、交配を重ね、実際に栽培する。
1年に2回栽培をしても結果が分かるのは半年後。
上手くいかなければ、再び組合せをやり直す。
開発を始めて6年目にようやく思い通りの実の硬さが実現した。

果実の硬さ、形の崩れないぎりぎりの肉厚、糖度6度以上、均一に熟していくこと、酸度とアミノ酸の含量などをクリアし、ついに新しいトマトが完成する。

最後の関門である社内の品種審議会ではこれまでにない硬さに商品化への疑問も出たが、最終的に現社長の「それほど自信があるトマトなら売ろう」というひと声で発売が決まった。

1985年、完熟で出荷できるトマトがついに発売、「誰もが知っている、フルーツ感覚の名前にしたい」ということから『桃太郎』と名づけられた。
会社広告費の半分を投入、全国の生産者や市場関係者に集まってもらい試食会も開いた。

現在日本国内で流通するトマトの大半は桃太郎系になって、青い
トマトは見かけなくなった。

野菜に味と質を求める時代の象徴的な商品が「桃太郎トマト」というわけだ。
完熟の桃太郎はカロチン、ビタミンCなどがみなぎり肉質も充実、
腰高丸玉の美形が丸ごと真っ赤になり、全部食べられる。
糖度も平均6度とフルーツ並みに甘いのも現代人に評価された。

皮の固さが特徴だが、日持ちの良さ、流通に都合がいいというプラス面が多い。
温室用の「ハウス桃太郎」が開発されて通年栽培ができるようになり、トマトの旬は夏という神話は消えた。
身近な野菜の裏にはこんなイノベーションがあったのである。

南米アンデス原産のトマトを日本は見事に変えた。
コンビニだってカレーだってラーメンだって、もとはといえば他の国のもの。
日本はオリジナリティを付加させることに成功した。

思えば漢字を輸入しひらがなを発明した国なのだ。
換骨奪胎、和魂洋才はお家芸である。

日本再生のヒントはこんな技術の積み重ねにあるのではないか。